1-2

MRI脳画像データ等プラットフォーム

人生ステージに沿った健常および精神・神経疾患の統合MRIデータベースの構築にもとづく国際脳科学連携

笠井 清登

笠井 清登

東京大学 医学部附属病院 精神神経科 
教授

脳画像解析技術の進歩と国内外での共同研究の進展により、質・量ともに大規模な脳画像データを解析できるようになりました。しかし、大規模脳画像データについて、各研究者に効率的に配布できる体制は整っていません。本研究は、既存の精神疾患共同研究データセットだけでなく、新たに始まる精神疾患Human Connectome Projectの次世代データについて、前処理を含めて一括管理し、利用しやすい形にして国内外の研究者に提供することを目的としています。

人生ステージに沿った健常および精神・神経疾患の統合MRIデータベースの構築にもとづく国際脳科学連携