研究グループ 1

ライフステージ(発達期・成人期・高齢期)に応じた健常から疾患に至る脳画像等の総合的解析研究

1-1

MRI脳画像の撮像や臨床データの取得と、その解析による
精神・神経疾患(認知症、発達障害、気分障害等)の発症メカニズム解明等

国際MRI研究連携によるAYA世代脳発達および障害のメカニズム解明

笠井 清登

笠井 清登

東京大学 医学部附属病院 精神神経科 
教授

精神疾患の多くは思春期・若年成人期(AYA)世代が好発期ですが、AYA世代の脳成熟基盤については、あまり明らかにされていません。 本研究は、AYA世代の統合失調症患者、発達障害当事者、定型発達者を対象に、 脳MRI画像を Human Connectome Project(HCP)のプロトコルに基づいて縦断的に取得し、 さらには国外の共同研究者とMRIデータの共有を行うことにより、AYA世代の精神障害の発症メカニズムの解明や診断・治療転帰予測に資する回路マーカーの同定を目指します。

国際MRI研究連携によるAYA世代脳発達および障害のメカニズム解明

縦断的MRIデータに基づく成人期気分障害と関連疾患の神経回路の解明

岡本 泰昌

岡本 泰昌

広島大学 大学院医歯薬保健学研究科 
教授

成人期の気分障害(うつ病、双極性障害)、不安症、強迫症、統合失調症、閾値下うつおよび健常成人を対象として、MRI脳画像及び付随する臨床データ等を縦断的に取得します。これらのデータセットを用いてAI技術を応用して解析することにより、双極性うつとうつ病の鑑別法、治療反応性(臨床経過)の予測法、5疾患のMRI回路にもとづくバイオタイプなどを提案します。また、閾値下から閾値上うつ病へのMRI画像の変化を評価することで発症メカニズムの解明していきます。

縦断的MRIデータに基づく成人期気分障害と関連疾患の神経回路の解明

先進的MRI技術に基づく統合データベースと大規模コホートデータの連結による高齢者神経変性疾患の責任神経回路の解明

花川 隆

花川 隆

国立精神・神経医療研究センター
脳病態統合イメージングセンター 先進脳画像研究部 部長

高齢者神経変性疾患の代表であるアルツハイマー病(AD)とパーキンソン病(PD)、両疾患のリスクから定義する軽度認知低下など中間段階及び健常高齢者を対象として、磁気共鳴画像(MRI)や臨床データを横断・縦断的に取得し、1万人規模のデータに基づく健常者MRI参照パネルを開発しつつ、最新のMRI神経回路解析や機械学習による判別解析を応用することで、ADとPDの責任神経回路を解明することを目指します。

先進的MRI技術に基づく統合データベースと大規模コホートデータの連結による高齢者神経変性疾患の責任神経回路の解明
1-2

MRI脳画像データ等プラットフォーム

人生ステージに沿った健常および精神・神経疾患の統合MRIデータベースの構築にもとづく国際脳科学連携

笠井 清登

笠井 清登

東京大学 医学部附属病院 精神神経科 
教授

脳画像解析技術の進歩と国内外での共同研究の進展により、質・量ともに大規模な脳画像データを解析できるようになりました。しかし、大規模脳画像データについて、各研究者に効率的に配布できる体制は整っていません。本研究は、既存の精神疾患共同研究データセットだけでなく、新たに始まる精神疾患Human Connectome Projectの次世代データについて、前処理を含めて一括管理し、利用しやすい形にして国内外の研究者に提供することを目的としています。

人生ステージに沿った健常および精神・神経疾患の統合MRIデータベースの構築にもとづく国際脳科学連携