• HOME
  • ニュース一覧
  • 神経変性疾患における相分離制御破綻の機序解明―ALSなどの神経難病の病態解明に光―
OUTCOMES
2021.09.08

神経変性疾患における相分離制御破綻の機序解明―ALSなどの神経難病の病態解明に光―

概 要

 奈良県立医科大学の森英一朗准教授、同大学の杉江和馬教授、立命館大学の吉澤拓也講師、徳島大学の齋尾智英教授、名古屋大学の愛場雄一郎准教授らの共同研究チームは、C9orf72遺伝子の非翻訳領域リピート異常伸長が原因の筋萎縮性側索硬化症(ALS)や前頭側頭型認知症(FTD)において産生される毒性ペプチドが、相分離制御因子の機能を阻害する分子メカニズムを明らかにしました。今回の研究成果は、ALSやFTDをはじめとする神経変性疾患の病態解明、治療法開発につながることが期待されます。

【成果情報はこちら】

https://www.amed.go.jp/news/release_20210907.html (AMED)
https://www.naramed-u.ac.jp/university/kenkyu-sangakukan/oshirase/r3nendo/soubunriseigyo.html (奈良県立医科大学)

論文情報

<タイトル>

C9orf72-derived arginine-rich poly-dipeptides impede phase modifiers
DOI : 10.1038/s41467-021-25560-0

<著者>

Hitoki Nanaura#, Honoka Kawamukai#, Ayano Fujiwara#, Takeru Uehara, Yuichiro Aiba, Mari Nakanishi, Tomo Shiota, Masaki Hibino, Pattama Wiriyasermkul, Sotaro Kikuchi, Riko Nagata, Masaya Matsubayashi, Yoichi Shinkai, Tatsuya Niwa, Taro Mannen, Naritaka Morikawa, Naohiko Iguchi, Takao Kiriyama, Ken Morishima, Rintaro Inoue, Masaaki Sugiyama, Takashi Oda, Noriyuki Kodera, Sachiko Toma-Fukai, Mamoru Sato, Hideki Taguchi, Shushi Nagamori, Osami Shoji, Koichiro Ishimori, Hiroyoshi Matsumura, Kazuma Sugie, Tomohide Saio*, Takuya Yoshizawa*, Eiichiro Mori* (#:共同筆頭著者)(*:共同責任著者)

 

<掲載誌>

Nature Communications